仮想通貨の自動売買ツールをPythonで自作する VSCodeとPythonの環境構築

 仮想通貨の自動売買ツールを自作するには、プログラミング環境の構築が必要となります。この記事では、開発環境の「VSCode」とプログラミング言語である「Python」のインストール方法を紹介していきます。

 ここではWindowsを使用したダウンロード・インストール方法となります。

 この記事で自動売買ツールを運用するまでの7ステップをまとめてあります。

目次

「VSCode」のダウンロード・インストール

 VScodeは正式名称「Visial Studio Code(ビジュアルスタジオコード)」という、Windowsやofficeシリーズで有名なマイクロソフトが作った開発環境です。

 無料とは思えないほど高機能ですし、困ったときの情報も調べればすぐに出てくるので非常におススメです。

1.VScodeをダウンロードする

 まずは、マイクロソフトのサイトへアクセスしてVSCodeをダウンロードします。

今すぐダウンロードをクリック

 サイトへアクセスすると下の画面が出ますので、今すぐダウンロードをクリック。

VisialStudioCodeのダウンロード画面
今すぐダウンロードを押す

デバイスを選択する

 Windows・Ubuntu・Macに対応していますので、あなたがお使いのデバイスOSを選択してダウンロードを行います。ここではWindowsへのインストールで進めていきます。

VisialStudioCodeのダウンロードをする際のデバイス選択画面
あなたのパソコンのOSを選択する

2.VSCodeをインストールする

 ダウンロード先のフォルダへ、画像のようなファイルがダウンロードされていますのでクリックします。(ダウンロード時のバージョンが変わると数字が変わります)

ダウンロードしたVisialStudioCodeのファイル
ダウンロードしたファイル

ライセンスへの同意

 使用許諾への同意が出ますので、同意したら次へを選択します。

VisialStudioCodeのライセンス
同意したら次へ

インストール先を確認

 VSCodeがインストールされるフォルダが表示されますので確認します。理由が無い限りは、何も変更せずに次へを選択します。

VisialStudioCodeのインストール先確認画面
インストール先の確認

スタートメニューの設定

 スタートメニューへショートカットを作成したくない場合はチェックを付けますが、こちらもこだわりが無ければ、何もチェックをつけずに次へを選択します。

VisialStudioCodeのスタートメニュー設定
スタートメニューへの設定を確認して次へ

追加の設定

 ここでも基本は何もせずに次へですが、デスクトップ上にアイコンを作成することも可能なので、必要な方はチェックを付けて次へを選択です。

 個人的にはアクセスしやすくなるので作る事をおすすめします。

その他の項目はそのままでOKです。

VisialStudioCodeのインストールでの追加設定画面
デスクトップアイコンが欲しければチェック

インストール内容の確認

 インストール先や追加した項目などが設定されていることを確認して、インストールを選択します。

VisialStudioCodeのインストール内容確認画面
インストール内容を確認してインストール

インストールと確認

 インストールが始まると下の画像のようになり、すぐにインストールは終わります。

VisialStudioCodeのインストール中画面
インストールはすぐに終わります。

 インストールが終わってVSCodeを起動すると、下の画面のようになります。この画面が正常に表示されればインストールは成功です。

VisialStudioCodeの起動画面
VSCodeの起動画面

 ここでは日本語で表示されていますが、初期では英語です。

 日本語に変更した方が使いやすいと思いますので変更しましょう。
このサイトがわかりやすいのでおススメします。→https://www.javadrive.jp/vscode/install/index4.html

Pythonのダウンロード・インストール

 次はプログラミング言語であるPythonをインストールします。

1.Pythonのダウンロード

 こちらのサイトでPythonをダウンロードします。

Download内であなたのパソコンのOSを選択

 Downloadの部分にカーソルを合わせるとOSの一覧が出てきますので、あなたがお使いのパソコンのOSを選択します。

python公式サイトでOSを選択
python公式サイト

ダウンロードするPythonを選択

 ダウンロードするPythonを選択します。

 Python2とPython3がありますが、画像のようにPython3を選択すればOKです。新しいバージョンが出ると3以降の数字が画像と変わっているかもしれませんが、あまり気にしなくて大丈夫です。

python公式サイトのpythonバージョン選択画面
ダウンロードするpythonのバージョンを選択

32bitか64bitを選択

 Pythonバージョンの画面に移動するので、下までスクロールします。

python3.10.4の公式サイト画面
python 3.10.4の公式サイト画面

 下までスクロールすると、Windowsの32bitと64bitの選択がありますので、お使いのパソコンに合ったものを選択してください。

 Windowsパソコンのbit数の確認方法は、エクスプローラーを開いて「PC」のところで右クリックして、「プロパティ」を開くと、「デバイスの仕様」の「システムの種類」部分に表示されています。

エクスプローラーの説明
右クリックして「プロパティ」→「デバイスの仕様」の「システムの種類」で確認
OSのbit数の選択画面
下までスクロールしてビット数を選択

2.Pythonのインストール

インストールの設定

 ダウンロードが完了し、ファイルを開くと画像のようなウィンドウが開きます。

 ここで注意していただきたいのが、下にある「Add Python3.10 to PATH」へチェックを付けることです。ここでチェックを付けないと後々面倒なことになりますので、チェックを付けて「Install Now」をクリックします。

pythonのインストールセットアップ画面
チェックを付けて「Install Now」

 チェックを付け忘れたままインストールしても設定をあとで変更することもできますが、Python自体を再インストールする方が簡単です。

インストール完了

 インストールを開始すると画像のような画面が出て、インストールが行われます。すぐにインストールは完了します。

pythonのインストール中画面
インストールはすぐに終わります。

 インストールが完了すると下の画面が出ますので、Closeを押して終了です。

pythonのインストール完了画面
インストール完了

Pythonがインストールされたかの確認方法

 PythonはVSCodeのようにウィンドウが出てくるものではないので、インストールができたか確認するにはコマンドプロンプトを使用します。

検索バーで「cmd」を検索

 Windowsの検索バーで「cmd」と検索して、コマンドプロンプトを選択します。

Windows11の検索バーでコマンドプロンプトを検索
検索バーからコマンドプロンプトを起動

pythonをコマンドプロンプトで起動させる

 コマンドプロンプトを起動するとカーソルが点滅していますので、そこに「python」と入力を行いエンターを押すとpythonが起動します。

コマンドプロンプトでpythonを起動
「python」と入力

 「python」と入力しエンターを押した後、画像のような表示が出ればpythonが無事にインストールできています。

コマンドプロンプトでpythonの起動を確認
pythonが無事にインストールできていれば画像のような表示が出ます。

pythonを操作してみる

 せっかくpythonを起動したので、簡単なプログラムを打ち込んで文字を表示させてみます。

 pythonを起動すると「>>>」の部分にカーソルが点滅しているのでそこへ「print(‘Hello World’)」と打ち込んでエンターを押してみましょう。

コマンドプロンプトでpythonプログラムを実行
print(‘Hello World’)と入力

このプログラムは「Hello World」と画面に表示させる命令ですので、「Hello World」と表示されます。

pythonプログラムでHello Worldを表示

pythonの終了は「exit()」と打ち込めば終了します。

コマンドプロンプトで起動したpythonをexit()で終了
exit()でpythonを終了

VSCodeとPythonダウンロード・インストールまとめ

 無事にダウンロード・インストールができたでしょうか?

 もし設定を間違えたりして上手くインストールができなくても、アンインストールして何度でもインストールを行えば良いので失敗は恐れずにチャレンジしてみると良いと思います。

 開発環境は整いましたので仮想通貨の自動売買ツールの自作など、様々なプログラミングを行ってみると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

27歳の男性会社員です。
工場作業員勤務→専門学生→IT企業勤務を経て、現在小さな会社の工場で品質管理の仕事をしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次