2WDと4WD(AWD)の違い あなたはどっちを選ぶべき?

 車の買い替えを考えている方の中には、2WDにするべきか4WDにするべきか悩んでいる方がいるのではないでしょうか?

 特に最近ではSUVが人気ですので、車両のグレード設定に2WDと4WDがあったりで悩んでいる方が多いと思います。「2WDで十分だと思うけどどうせなら…」とか「高い金額払って4WDの必要性あるの?」とか色々な考えがあると思います。

 今回は2WDと4WDの違いやそれぞれのメリット・デメリットを紹介し、あなたの車選びに役立たてていただきたいと思います。

目次

2WDと4WD(AWD)の違い

 まず、2WDと4WD(AWD)の違いですが駆動輪の数の事です。

 2WDは2 Wheel Driveの略で2輪駆動という意味です。2輪駆動でも種類があり、一般的な乗用車はFF(エフエフ)と呼ばれる、フロントにエンジンがあり、フロントタイヤが駆動輪(エンジンの動力が伝わる車輪)となっている車が多いです。

 フロントタイヤのみ駆動輪ということは、2つの車輪が駆動する車ですのでFFは2WDということになります。

 同じく4WDというのは4輪駆動という意味で4つの車輪がエンジンの動力によって駆動する車ということです。

 ずっとカッコで書いてきたAWDも4WDと同じ意味です。AWDはAll Wheel Driveの略で全輪駆動という意味ですので4つ以上車輪がついている重機のような車でも範囲に入れた呼び方です。(6輪駆動でも8輪駆動でもAWDでまとめられる)

2WDのメリット・デメリット

メリット

  • 安い
  • 軽い(燃費が良い)
  • 車内が広くなる

価格が安い

 2WDの特にFFは値段を抑えた車で多いです。4つのタイヤ全てを駆動させるよりも部品の数が減り材料代が安くなります。

 また、工場での組み立て時に部品点数が減るということは時間が掛からず生産できるため4WDよりも安く作ることができます。

軽い

 4WDの場合は後ろのタイヤまで動力を伝える必要があるため、多くの部品が必要となります

 ですが2WDの場合はほぼエンジンルーム内で完結してしまうので、部品点数が減り重量も軽くなります。重量が減るということは結果的に燃費性能も向上します。

車内が広くなる

 走るための部品が、ほぼエンジンルーム内で完結するため車内スペースを広くとることができます。そのため、ミニバンなどの車内空間の広さを売りにしているような車の多くはFFの2WD車が多いです。

デメリット

悪路に弱い

 2WD車は悪路に弱いです。泥が貯まっているような道というのは多くの方は行かないと思いますが、雪道でも2WD車は弱いです。

 特に上り坂で停止してからの発進はスタッドレスやチェーンを履いていても難しいです。そのため、一度坂を下りて勢いを付けて登り切るというのが、2WD車で雪の坂道を攻略する有名な方法です。

4WDのメリット・デメリット

メリット

  • 悪路性能が高い
  • 走行安定性が高い
  • 所有感

悪路走行性能が高い

 4WDは2WDよりも悪路走破性能が上です。2WDで紹介した通り、多くの方が遭遇するであろう悪路というのは雪道です。

 4WDであれば、坂道であっても4つのタイヤでしっかりと地面を蹴って進んでくれるため、2WDで雪道に行くよりも遥かに安心感を持って運転することができます。

 特に雪道での坂道発進では、2WDと4WDの違いは顕著に表れます。

走行安定性が高い

 4WDは4つのタイヤを駆動して進むので走行安定性が高い傾向があります。加速性能も4つのタイヤで地面を蹴り出すので2WDよりも効率が良いです。

 日産の有名なスポーツカー「GT-R」も4WDで0-100km/hの加速が3秒以下という強烈な加速性能と高速安定性を実現しています。

所有感

 これは個人差が大きいと思いますが、流行りのSUVタイプの車でも最近では前輪駆動の2WDが多く出回っています。

 車のデザインがオフロードを走れそうな見た目なので「せっかくなら4WD」という欲を満たす事ができます。4WD車を所有しているという満足感を得られるというのもメリットだと思います。

 ちなみに2WDを4WDに変更することは普通できません。(逆も同じく)

デメリット

  • 価格が高い
  • 重量が重くなる(燃費が悪い)

価格が高い

 4つのタイヤを駆動させるために2WD車よりも部品が多く、複雑な構造となっているため車両価格は高くなります。また工場での組み立てにも手間がかかるので、その分の値段も添加されています。

重量が重くなる(燃費が悪い)

 2WD車よりも4WD車は重量が、増すため燃費が悪くなります。

 また、2WDよりも多くの部品を駆動させる為にギアや軸受などでの機械的ロスの発生も燃費の悪化につながっています。

 しかし、多くの4WD車は燃費対策等のためパートタイム4WDという、普段は動力を切り離し2WDで走行して、4WDが必要な場面になったら自動的に4WDに切り替わるシステムを搭載して、燃費対策を行っています。

 ちなみに常に4WDで走る車はフルタイム4WDと呼ばれます。

正直、多くの人は2WDで十分

 ここまで2WDと4WDを紹介してきましたが、結論として多くの方は2WDで十分です。

 降雪地域の方やレジャーで雪山に行ったりしない限りは、わざわざ価格も高く燃費も良くない4WD車を選ぶ必要は無いと思います。

 2WD車でもスタッドレスタイヤを履いていれば、除雪されている道で山道などで無ければ問題なく走行はできます。(坂道発進は難しいですが…)

性能が良いのは4WD

 ただ、4WD車の方が性能的には上で走行安定性も高いので安全性・安心感を更に欲しいという方、降雪地域やレジャーで雪山に行く方は4WD車を選択肢に入れると良いと思います。

 また4WDの所有感もあるので、購入した時の満足感が高いのは4WDです。

まとめ

 2WDと4WDのどちらにするか、少しは自分にどちらが向いているかわかりましたでしょうか?

 後から変更できない設定なので、十分に検討して自分に合ったものを選んでください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

27歳の男性会社員です。
工場作業員勤務→専門学生→IT企業勤務を経て、現在小さな会社の工場で品質管理の仕事をしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次