スクリーンショットを簡単に切り抜きする方法【SnippingToolがオススメ】

 スクリーンショットを資料等に使う際、ペイントなどのソフトに貼り付けた後に一部を切り取って、それを保存するという事を行なっていませんか?

 SnippingToolというソフトを使用すれば、一発で切り取ったスクリーンショットを保存する事が可能です。

目次

SnippingToolとは

 SnippingToolとはWindowsに標準搭載されているソフトの一つでWindowsユーザーであればだれでも無料で使用することができます。

 意外と知らない方が多いようで、スクリーンショットを撮って、ペイントを開いて必要な部分のみ切り取るという作業をひたすら行っていた上司に教えたところ非常に喜んでいました。

 あなたもWindowsをお持ちであれば知らないだけで、SnippingToolはパソコンにインストールされているはずです。

SnippingToolの使い方

 SnippingToolの使い方は簡単で、4ステップでスクリーンショットを切り抜きする事ができます。

  1. SnippingToolを起動
  2. 「新規」をクリック
  3. 画像として保存したい範囲をドラッグして選択
  4. 名前を付けて保存

1.SnippingToolを起動させる

 まずはSnippingToolを起動させるために検索を行います。

 Windowsキーを押しながら「Q」を押すか、メニュー画面の虫眼鏡をクリックすると検索バーが表示されますので、そこへ「SnippingTool」と入力をします。

 するとSnippingToolというソフトが見つかりますのでクリックします。

SnippigToolをWindowsで検索した画面
SnippingToolを検索して起動する

 もし、今後も頻繁に使用するつもりであれば右クリックをして「タスクバーにピン止めする」を選択するとデスクトップ画面の下部の一覧に追加されるので、簡単に起動できるようにになります。

SnippigToolをタスクバーへピン留めしようとしている
ピン留めすることで簡単にアクセスできる

2.「新成」をクリック

 SnippingToolが起動したら小さなウィンドウが出てくると思います。

 スクリーンショットを取りたい画面まで移動したら、「新規」というボタンがありますのでそれをクリックします。

SnippigToolを起動して新規ボタンを示している
SnippigToolが起動したらスクショを撮りたい画面で「新規」をクリック

 すると画面全体が少し暗くなり、指定範囲のスクリーンショットを行える状態となりました。

SnippigToolの切り取り準備ができた 状態
画面が少し暗くなり切り取りの準備完了

3.画像として保存したい範囲をドラックして選択

 2.の画面全体が暗くなっている状態で、スクリーンショットを取りたい範囲をExcelなどで図形を挿入するときのようにドラックを行います。

 するとドラックされた部分が、Excelで図形の四角を挿入した時のように四角く表示されますので、撮りたい範囲を選択できたらボタンから手を離します。(その際のスクショは撮れなかったので図形を描いています)

スクショを撮る範囲の指定
スクショを撮りたい範囲を指定する

4.名前を付けて保存

 先ほどドラックして選択した範囲がSnippigToolの下部にプレビュー表示されていると思います。

 それで問題なさそうであれば保存を行います。保存方法は他のソフトと同じように、名前を付けて保存を行えばOKです。

SnippigToolで切り取った部分のプレビュー画面
SnippigToolで切り取った部分のプレビュー画面

 ペイントのようにペンやマーカーなども使用できるので、先ほど撮ったスクリーンショットに書き込みを行い時にはここで行うと効率的です。

SnippingToolのプレビュー画面で書き込みを行っている
SnippigToolのプレビューにてペンで書き込み

 もし撮り直したい場合は、もう一度「新規」をクリックすればスクリーンショットの範囲選択を行う状態になります。

番外編

 マウスカーソルをずらしてしまうと閉じてしまうものや、ほかのところをクリックすると閉じてしまうものをSnippigToolで撮る際には、Ctrl + N (Carl を押しながらNを押す)でマウスカーソルをずらすことなく撮影が可能です。

  1. SnippingToolを起動する。
  2. マウスカーソルを合わせて表示させる(クリックはしない)
  3. Ctrl + N で範囲選択の状態になるのでマウスを動かして選択を行う。

 クリックしないと表示されなくて、カーソルをずらすと消えてしまうようなものに対してはSnippingToolでもできませんので、通常のスクリーンショットの方法で撮影しペイント等で切り取ってください。

SnippigToolまとめ

 今回はSnippingToolについてご紹介しました。

 パソコン画面のスクショを多用する資料を作成する際に、スクリーンショットを撮ってペイント等で切り取りという作業を行っていた方はぜひSnippingToolを使用して効率化を行ってみてください。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

26歳の男性会社員です。
工場作業員勤務→専門学生→IT企業勤務を経て、現在小さな会社の工場で品質管理の仕事をしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次