モニターアームの購入レビュー【グリーンハウス モニターアーム GH-AMDF1-BK】

 モニターアームを初めて購入し、使用してみましたので取り付けから実際に使用してみた感想を書いていきます。

初めて使ってみましたが非常に良いです。

目次

購入したモニターアーム

モニターアームはAmazonで購入したこちらです。

【Amazon.co.jp限定】グリーンハウス モニターアーム

価格は約4000円です。

 Amazon限定商品となっており、価格も比較的リーズナブルですのでモニターアームが気になっている方が、まず手を出すにはオススメだと思います。

結論 モニターアームを買ってよかった

 結論から言うとモニターアームを導入して正解でした。理由は以下の通りです。

机の作業スペースが広くなる

 モニターの足(スタンド)って意外と場所を取りませんか?

 しかもモニターの前にキーボードを置くので、モニターの足とキーボードの隙間が狭くなり、さらに机の上が窮屈に感じてしまいます。

 モニターアームを使い、取り付け位置をキーボードから離した位置にセットすると、モニターが浮いている前にキーボードを置く事ができるので机を広く使えるようになりました。

モニターの高さ・角度の調整が自由になる

 高級なモニターであれば、比較的純正のスタンドでも角度や高さを自由に調整できるのでしょうが、私が持っているのはそんなに高級なモニターではありませんので、モニターアームの位置調整の自由度には驚きました。

今まで角度しか調整できなかったので、
モニターアームの自由度に驚きです。

 今使っているモニターの角度・高さ調整に不満がある方はモニターアームを検討してみるといいかもしれません。

見た目がかっこいい

 モニターは付属のスタンドを付けて机の上に置き使用するのが普通ですが、モニターアームを使用するとモニターの下に何もなくなり机がスッキリして見た目が良くなります。

 空いたスペースには何も置かずにスッキリとした状態にしておくのも良いですが、お気に入りの雑貨などを置いてもおしゃれなデスクにすることができますね。

モニターアームを使ってみて良くなかった点

 トータル的に買ってよかったですが、ちょっと気になる点も紹介します。

机の形状によって取り付けに工夫が必要

 クランプ式という机を挟み込むタイプを使用する場合は、机の端の形によっては工夫が必要になるか、取り付けが不可能な場合があります。

 取り付けが難しいものは以下のタイプです。

  • 机の端が斜めにカットされているタイプ
  • 角フレームの上に天板があるタイプ
  • そもそも天板を挟み込めないタイプ
机の端が斜めにカットされているタイプ

 天板が真横からみて斜めにカットされているものは、取り付けが難しい又は取り付けが不可能な場合があります。

 斜めカットが短ければクランプ部分に影響が出ませんが、机の下まで続く長いカットだと取り付けが難しくなります。

角フレームの上に天板があるタイプ

 これはよくあるタイプの机だと思いますが、これも取り付けには工夫が必要で私の机がこのタイプでした。

 角フレームがクランプに掛からない範囲であれば、影響が出ませんが天板の縁の方にフレームが通っており、クランプがフレームを挟まないといけない場合には一工夫が必要となります。

 工夫した点については後述のレビューで解説しています。

そもそも天板に挟み込めないタイプ

 天板が差し込めない、クランプがそもそも入らないタイプは取り付けができません。

 その場合はクランプではなく、机に穴を開けて取り付ける「グロメット式」という方法で取り付けましょう。

購入前に自分の机へ設置できるか、しっかり確認しましょう。

机にセットする位置をずらしたいときは苦労する

 最初からしっかり考えて設置すれば良いのでしょうが、クランプ式で固定した後に「もう少し左がいいな」となった場合はまたクランプを緩めてずらす必要があります。

 2人で作業すればモニターを持っていてもらう事が可能ですが、1人で作業する場合にはアームからモニターを取り外してから行わないと、重くて動かす事ができませんでした。

 またモニターの破損にも繋がりますので、モニターを外さないとクランプをずらせないというのは不便に感じました。(一度位置を決めれば動かさないのですが…)

付け直しが発生しないよう、最初の位置決めを確実にしましょう。

モニターアームのレビュー

 実際にモニターアームを取り付ける様子・付けた感想を紹介します。

開封

 重さは2.5kgと箱に書いてあり、ずっしりとした重みはありますが思ったよりも小さな箱で届きました。

モニターアームの入っている段ボール
モニターアームの入っていた段ボール箱

 中を開けるとアーム本体、クランプ、ねじ類が入っているだけで非常にシンプルな構成です。

 説明書も絵が書いてありわかりやすいので、組み立て系の家具が苦手な方でもそれほど心配しなくて良いでしょう。

モニターアームの付属品を並べた
モニターアームの付属品全て

 実際に机を挟み込むクランプ部分には緩衝材が貼り付けてあり、取り付ける机への配慮が見られます。モニターアームとしての品質には関係ない部分ですが、非常に大切な部分ですね。

モニターアームのクランプ部分のスポンジ
クランプ部分には緩衝材があり机を傷つけない配慮がある

クランプ部分の問題

 良くなかった点でも書きましたが、私が持っている机は角フレームに天板が載っているタイプで、しかもフレームが天板の淵に配置されているため、クランプ部分をそのまま挟み込むとフレームの1/3程度しか挟み込めませんでした。

モニターアームのクランプが机のフレームに1/3しか掛かっていない様子
1/3程度しか挟み込めず、このままだと固定できない

 このままだと、クランプが浮いてしまいモニターアームの取り付けができませんので一工夫してみました。

モニターアームのクランプ部分に板をかませて安定させた
クランプが確実にできるように一工夫

 角フレーム(20mm)と同じ厚みの板(5mm + 15mm)をホームセンターの端材コーナーで買ってきて、フレームと一緒に挟み込めるようにしました。端材は2枚で150円です。

若干の厚みの違いがあっても、クランプのスポンジ部分が吸収してくれます。

 クランプの問題は解決しましたので、モニターアームの根本位置を決めたらクランプを締め付けて固定します。

モニターアームの差し込み部分
クランプの取り付けが完了

机はこちらです。
・T-3578NA ラック付きデスク ナチュラル

取り付け

 先ほどのクランプ部分の根本にモニターアームを差し込むとこのようになります。

モニターが無い状態のモニターアーム
モニターアームをクランプ部分に取り付け

 意外とモニターアームの肘?の部分がでっぱります。

 クランプ部分から遠く腕を伸ばしたような状態で使用するのであれば良いのですが、クランプ部分に近い状態で使用する場合には肘部分が壁などと干渉しますので注意が必要です。

モニターの取り付け

 モニターアームとモニターの接続には、モニター裏にある4か所のネジを締めて行います。

モニターアームのモニター取り付け部分
モニターの取り付け部分
モニターアームにモニターを取り付けている様子
モニターアームをモニターとつなげている様子

 モニター裏のネジはM4×8mmM4×12mmM5×12mmの3種類が付属しているので、モニターに付いてきたものをなくしてしまっていても大丈夫です。ただし付属のネジがモニターに対応していない場合は用意が必要です。

モニターも意外と重いので、画像のようにスタンドを付けたまま取り付ける事をオススメします。

 私のモニターは27インチでしたがM5のネジで対応できました。
IODATA モニター 27インチ WQHD ADSパネル 非光沢

モニターアーム取り付け完了

 モニターアームへのモニター取り付け、セッティングが完了した状態です。

モニターアームの取り付けが完了した状態
モニターアームのセットが完了した状態

 いい感じです。モニターのスタンドが無くなるので机が非常に広く使えるようになります。

パソコンやキーボードなどを置くとこんな感じです。

モニターアームが完成しパソコン・キーボード・マウスを設置した状態
モニターアームが完成しパソコン・キーボード・マウスを設置した状態

広々としていて良いですね。キーボードの前が広いと視界のノイズが少なくなり、集中して作業ができそうです。

モニターアームを実際に使った感想

 モニターアームを無事に設置して、実際に使用してみましたが非常に良いです。

 モニター付属のスタンドを使用していた時は、モニターの角度・高さがいまいちの部分がありましたが、モニターアームにしたことにより圧倒的な自由度で好みの角度・高さに変更することができるようになりました。

特に長時間のPC作業を行う方などは、自分に合った角度・高さに調整できるのでおススメです。

 キーボードを打った際に机の振動が、モニターアームで増幅されてモニターがすごく揺れてしまうのではないかと心配もしていましたが、全く問題ありませんでした。

 机・床の材質などでも変わるかとは思いますが、私のアパートもごく一般的で机もそれほど高いものではありませんので、みなさんの机でも振動は心配ないかなと思います。

モニターアームのまとめ

 モニターアームデビューを果たし、実際に使ってみて非常に満足しています。

 リモートワークなどが多くなってきて、自宅の作業デスクを綺麗にしておきたい・長時間でも負担を少なくしたいという方にはぜひおススメです。

 あなたも、モニターアームを取り付けてデスク回りをスッキリさせませんか?

【Amazon.co.jp限定】グリーンハウス モニターアーム

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

26歳の男性会社員です。
工場作業員勤務→専門学生→IT企業勤務を経て、現在小さな会社の工場で品質管理の仕事をしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次