パソコンはデスクトップ・ノートどちらを買うべきか

2021-05-26

 パソコンを新調する際に、悩みとして上がるのが「デスクトップパソコン」か「ノートパソコン」のどちらにするかではないでしょうか?

 「完全に家の決まったデスクで使うぜ!」って方はデスクトップパソコン一択でしょうし、「ノマドワーカー的に色々なところで使いたい」という方はノートパソコンで決まりでしょうが、「デスクトップパソコンだと移動できないけど、だからといって色々な場所で使うわけではないんだよなぁ」という方が悩むと思います。

 今回はそんな悩んでいる方の少しでも助けになればと書いていきます。

パソコン選びに悩む牛

悩んでるなら「ノートパソコン」 

 結論から言うと「悩んでいるならノートパソコン」です。

 この理由は単純で、ノートパソコンをデスクトップのように使うことはできるが、デスクトップパソコンをノートパソコンのように使用することはできないからです。

 ノートパソコンであればデスクトップパソコンのように外部ディスプレイを接続して大きい画面にもできますし、キーボードやマウスも接続することができ、別の場所で作業を行いたい場合にも簡単に対応することができます。一方、デスクトップパソコンの場合は持ち運ぶことは基本的にできませんので、悩んでいるならノートパソコンを買った方が後悔することは少ないと思います。

 では、デスクトップパソコンの必要性がないじゃないかという話になってきますが、「何を重要視するか?」によってどちらが自分に合っているかが決まってきます。デスクトップパソコンとノートパソコンそれぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

デスクトップパソコンのメリット・デメリット 

・メリット 

  • 金額に対する性能が良い(コスパが良い)
  • 高性能なPCが選びやすい
  • 後から改造できる

 デスクトップパソコンの最大のメリットは「金額に対する性能が良い」ことでしょう。理由としてはパーツを小型化するコストが必要無いためで、デスクトップパソコンの方がコスパは良い場合が多いです。そのため、予算的にも高性能なパソコンを選択肢に入れやすいため、性能が求められるeスポーツや動画編集などを行いたい場合はデスクトップパソコンで探すと良いものが見つかるかと思います。

 また、ちょっと知識があればパソコンの蓋を開けて内部の改造が行いやすいことも、デスクトップパソコンの大きなメリットだと思います。メモリの増設やグラボの交換等も、ノートパソコンでは部品も小さく難しいことがありますが、デスクトップパソコンであれば簡単にできます。

・デメリット 

  • 基本的に移動ができない
  • モニター・キーボード・マウスが必要になる
  • 電源が必要

 デスクトップパソコンの最大のデメリットは「基本的に移動ができない」ことでしょう。名前の通り「机の上のパソコン」なので基本的に決まった机に設置して使用することになり、移動となれば配線も持ち運びますし、何より電源が必要です。毎日決まった机でしかパソコンを使用しない方であれば問題ありませんが、様々な場所で使いたい方はデスクトップパソコンを選んではいけません。

 また、ノートパソコンの場合であればモニター・キーボードは一体化しておりマウスもトラックパッドがあるので、それだけを買えばよいですがデスクトップパソコンの場合はPC本体の他に最低限モニター・キーボード・マウスが必要になってきます。一度買えば使いまわしはできますが、最初のパソコンとなるとそれらの周辺機器にもお金が掛かります。

 

ノートパソコンのメリット・デメリット 

・メリット 

  • 移動が簡単にできる
  • バッテリー稼働ができる
  • モニター・キーボード・マウスなどの周辺機器が必要ない

 ノートパソコン最大のメリットは「移動が簡単にできる」ことでしょう。周辺機器が必要ないため無駄な配線も無く、移動が簡単なので家の中はもちろん、外出時に持っていくことも簡単です。最近ではパソコンも薄くなっており、重量も1kg以下のパソコンが出ているので大きな荷物にはなりません。また、ノートパソコンはデスクトップパソコンと違ってバッテリー稼働ができるため、充電さえしておけば外出先で電源の心配をする必要もないです。

 モニター・キーボード・マウスも基本的に必要ないので、ノートパソコン1台買えば周辺機器は必要ありません。また、このご時世でのリモート会議も、多くのノートパソコンにはカメラが搭載されていますのでカメラの準備も必要ありません。

・デメリット 

  • 性能に対してのコスパが悪い
  • トラックパッドは慣れが必要
  • モニターが小さい

 ノートパソコンの最大のデメリットは「性能に対してのコスパが悪い」ことでしょう。冒頭の方でお話しした通り、小型化が必要なためコストが掛かるため金額がどうしても高めになってしまいます。また、絶対的な性能としては、現在ノートパソコンはデスクトップパソコンには勝てません。最大の理由としては小型で部品をぎっしり詰めているノートパソコンでは、高性能な発熱の多い機器の冷却が困難なためです。eスポーツや高度な動画編集などを行う場合はハイスペックノートPCやゲーミングノートPCも売られていますが、本当に性能を求めている場合はデスクトップパソコンに行く必要があると思います。

 マウス代わりに多くのノートパソコンに搭載されているトラックパッドですが、マウスに慣れていると使いずらいです。最近のパソコンは非常に使いやすくなっていますが慣れが必要で、がっつり作業を行う場合には結局マウスが必要になり、購入するという事を多くの方が経験すると思います。

 モニターも持ち運び可能として作られていますので、大きなモニターは搭載されていません。ですが、家で作業する場合などは外付けのモニターを別で買って、デスクトップ的な使い方を行えば問題無いです。

 

 ここまでデスクトップパソコンとノートパソコンのメリット・デメリットをお話ししてきましたが、少しでも参考になりましたでしょうか?

 電器屋さんに行くとノートパソコンの方が多く置いてあるので、そちらの方が需要があるのかなと思います。現在ではマイクロソフトの「surface(サーフェス)」のようにタブレットにもノートパソコンにもなるダブレットPC(2in1)なども登場してきて、より悩ましい状態になっていますが、普段の使い方を思い返すと自分に合ったパソコンが選べるのではないかと思います。