DELLのXPS13 9305の購入・実機レビュー

 買い替えようと思っていたパソコンをついに買い換え、DELLから発売されている「XPS13 9305」を購入しました。

 今回はこれを選んだ理由、実際に使ってみてのレビューをお伝えしていきたいと思います。

 パソコン選びに迷っているパソコン初心者の方はこちらもどうぞ。

あわせて読みたい
初心者のパソコン選び カモられない3つの基本知識 パソコンを買いたいけどよくわからない。そんな方が、電器屋さんにカモられないような基本知識をお教えします。
目次

DELLのXPS13 9305のスペック

 スペックは購入時にカスタマイズができるので一概には言えませんが、私が購入したXPS13の以下の通りです。

  • OS Windows11 Pro
  • CPU 11世代i5-1135G7
  • メモリ 16GB
  • SSD 512GB
  • ディスプレイサイズ 13.3インチ

 それほど高スペックな組み合わせではありませんが、今使用している数年前のパソコンと比べればCPUの性能は桁違いです。

XPS13 9305の実機レビュー

 実際に購入したXPS13の実機レビューです。

到着から開封まで

 注文から3週間ほどで到着しました。到着予定日はもう1週間ほど先でしたが、早めに到着してくれました。

箱が豪華

 まず、届いて驚いたのが箱の豪華さです。外箱は通常のPCが入っている持ち手付きの段ボールですが、それを開けると黒い艶消しの高級感がある内箱が入っていました。

 ワクワクさせる箱って大事だと思います。

XPS13 9305の高級感のある外箱
PCが梱包されている高級感のある箱

 この箱の内側にはスポンジが貼ってあり、パソコンを大切に扱ってくれている感じがします。この箱のトレイで使用されているプラスチックは、再生プラスチックを使用しており、環境にも配慮しているそうです。

開けると遂にXPS13が登場

 黒い箱を開けるとフィルムを巻かれたシルバーのパソコンが登場です。(フィルムは写真撮る前に剥がしちゃいました)

開封して出てきたXPS13 9305
ピッタリと箱に収まっています。

 第一印象は「薄い!そしてカッコいい!」

 外観はシルバーの艶消しボディで、エッジ部分は切削加工により光沢のある作りになっています。

 カバーを開けるとまず目に入るのがカーボン調のレストで、タッチパッドを囲むようにカーボンがあしらわれています。この部分は塗装されているのか、滑りにくい表面処理がしてあり、車などのカーボンパーツでイメージされるツルツル感はありません。

XPS13 9305のカーボン調になっているレスト
滑りにくい表面処理が施されているカーボン

 まず、外観のデザインは私の中で大満足です。

サイズ感

 私は13インチモデル、正確には13.3インチのモニターが搭載されているパソコンとなります。

ボディサイズ

 XPS13のボディサイズは以下の通りです。

  • 横 約300mm
  • 縦 約200mm
  • 厚 約16mm
  • 重さ 約1.2kg

 数字で見ても分かりにくいので、A4用紙を重ねてみるとこのようになります。

XPS13 9305の上にA4用紙を乗せてサイズの比較
A4用紙と比べると横幅が少し大きい
XPS13 9305の上に載せたA4用紙からはみ出た部分のサイズ確認
A4用紙と比べると縦は小さい

 A4よりも幅が少し大きいですが縦は小さいですね。このサイズであれば、A4用紙が入るカバンやリュックにも入り持ち運びが楽です。ただし厚みはコピー用紙に換算すると、180枚程度となりますのでそこだけ注意です。

キーボードサイズ

XPS13 9305のキーボードの全体感

 13インチという小さめのPCを買うのは初めてでしたので、キーボードが小さ過ぎないか心配でしたが、小さくて押しづらいなどの事は無く、全く問題ありませんでした。A〜Zや数字などのキーサイズは以下の通りです。

  • 縦 15mm
  • 横 15mm

 カッコなどのキーは、他のキーと比べて小さいので注意です。

 キーボードには、2段階で明るさを変えられるバックライトも付いていますので、薄暗い中の使用でもキーを見失う事はありません。

充電器

XPS13 9305に付属されている充電器

 充電器の大きさは昔のPCとあまり変化がありませんね。点灯するランプが白いLEDだったり、ケーブルをまとめるクリップが付いていたりと少し進化も見られました。

 充電器はAnkerなどのサードパーティメーカーから、軽量小型なのに高出力のUSB-C充電器が発売されていますので、持ち運び時にコンパクトにしたい方はそちら購入したほうが良いでしょう。

XPS13 9305の機能と感想

 XPS13 9305のポートなど装備されている、ハードウェアの機能について紹介します。

搭載ポート

 搭載ポートは以下の通りです。

  • USB-C 3ポート 左に2つ、右に1つ
  • イヤホンジャック 右に1つ
  • マイクロSDスロット 右に1つ

 全部でポートは5つとなり、非常にシンプルでスッキリとしています。

 USBは全て電源供給およびDisplayPort対応で、左2つはThunderbolt4にも対応しています。Thunderbolt対応製品を持っている方は左側に刺せるようにセッティングを行いましょう。

あわせて読みたい
Thunderboltとは?何ができるの? Thunderboltって何か説明できますか?この記事ではThunderboltとは何なのかを解説し、メリット・デメリットを紹介しています。

バッテリーインジケータ

 バッテリーの残量をパソコンを開かなくても確認できるように、左側にバッテリーインジケータが搭載されています。

XPS13 9305の左横に搭載されたバッテリー容量を確認できるインジケータ
本体横のバッテリーインジケータ

 ボタンを押すと5段階のランプで現在のバッテリー残量を教えてくれます。開けないでバッテリー残量がわかるのは地味ですが便利な機能です。

指紋認証

 XPS13 9305には指紋認証が搭載されています。

XPS13 9305の指紋認証機能付き電源ボタン
指紋認証付きの電源ボタン

 電源ボタンに指紋認証機能が付いており、ログイン時にパスワード入力ではなくて、指を乗せるだけでログインすることができます。

 今は「顔認証」も付いているモデルもありますので、そこまで目新しいものではありませんが、パスワード入力よりも楽にログインできるので良いですね。

Windows11を搭載

 OSも選択できたので、最新のWindows11のProにしてみました。

 第一印象は「これはMacを意識してるな?」という感じです。アイコンも真ん中に集まっており、ウィンドウの角などが丸くなったりアイコンの動きなど、全体的にMac感があります。

 Windows10とはアイコンの絵や、右クリック時のメニューが違ったりするので少し違和感がありますが、今までWindowsを使用していた方であれば、特に困らず使用できると思います。

XPS13 9305のレビューまとめ

 良い買い物ができたと思います。これから使い込んでいって、気になる点などが出てきたら追加していきたいと思います。

あわせて読みたい
Miスマートバンド6の購入レビュー 何ができる?【Xiaomi】 AppleWatchが高くて躊躇していませんか?この記事では6,000円で買えるMiスマートウォッチ6を紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

27歳の男性会社員です。
工場作業員勤務→専門学生→IT企業勤務を経て、現在小さな会社の工場で品質管理の仕事をしています。

目次