//Googleアナリティクス用コード //Googleアドセンス用のコード

「APEX LEGENDS」7年前の古いPCでプレイしたら…

2021-07-29

 最近話題のFPSゲームAPEX LEGENDSを、私がずっと買い替えずに現在もメインPCとして使用している、7年ほど前に購入したパソコンでプレイしてみました。
 私もPS4ではこのゲームをプレイしますがPC版は初めてで、そもそもPCでゲームをプレイすること自体が初めてなので、すごく新鮮な気持ちでできました。
でも、やっぱり古いパソコンでは最新のゲームについていけませんでした。。。

初めてPCでゲームやりました。

PCスペック 

今回使用したPCのスペックです。

  • OS Windows 8.1
  • CPU Intel i7-4790 3.6GHz
  • メモリ DDR3 4GB×2
  • SSD 512GB
  • グラボ GeForce GT740

 書いていて、未だにこれをメインとして使っているのが恥ずかしくなってきました(笑)
買った当時はまぁまぁのスペックだと思っていたのですが、今となっては古いPCとなりました。CPUだってもう11世代が出ますし、メモリも今やDDR4が主流ですからね。完全に置いていかれています。。。(次はMacが欲しい)

ちなみに、公式の推奨スペックはここで確認できます。
https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends/about/pc-system-requirements

 

APEX LEGENDSとは 

 一応、ゲームの紹介です。
「APEX LEGENDS」(エーペックス レジェンズ)とは、3人1チームの20チームが1つのマップ内で戦う、バトルロイヤル式の生き残りゲームです。レジェンドと呼ばれる特殊能力を持ったキャラクターを操作して、マップに落ちている武器やアイテムを使用して敵と戦います。また、マップが徐々に狭くなってくるのも特徴です。

 eスポーツとしても現在、全世界で人気となっており、賞金が出るような大きな大会も開催され、プロゲーマーも参加するゲームとなってきています。ゲーム好きな芸能人もプレイしていることで、知名度が日本でも上がってきています。

 基本的にプレイは無料で行えますが、課金することでレジェンドをスキンと呼ばれる着せ替えのようなものを購入して好きなスキンに変更したり、武器のデザインも変更する事もできます。

現在、PC・PS4・Switch・Xboxでプレイすることが可能です。

・まずはインストールしてみる 

 まずは、ゲームをインストールする必要がありますのでEAのサイトにアクセスします。
サイトにアクセスしたら「APEX」を検索し、ダウンロードを行います。
今回、私はSteam版をインストールしましたが、Steamも使うのが初めてだったため、そちらのアカウント作成から行いました。ちなみにゲームのサイズは40.5GBでした。アップデートがあるとサイズが大きくなってくるので、ギリギリの空き容量でプレイする事はオススメしません。

プレイしてみたけど… 

 初回起動時に、いつまで経ってもタイトル画面で永遠とロードしているので、古いパソコンだとそもそもプレイもできないのかと思ったのですが、Steamの問題だったようでフォルダを漁り直接APEXを起動したところ、すぐに入ることができました。

・ロビーで既に映像がカクついている

 タイトル画面を過ぎるとロビーと呼ばれる、いわゆる最初のメニュー画面が表示されてそこにレジェンドが立っているのですが、そこの時点で背景の映像や、レジェンドの動きがカクカクしています。服の模様も、一昔前のゲームのようなぼやけた感じで、まるで粘土で作った人形のようです。(少しすれば綺麗に描画されますが…)

・演習場でのチュートリアル

 映像設定をいじれば多少マシになるとは思ったのですが、とりあえず設定は何も触らずに演習場でのチュートリアルを行ってみました。
まず、思ったのは、

 操作がめっちゃムズイ。(映像がどうかよりも)

皆さんよくキーボードで移動やジャンプ、アイテム取得などができますね。
 私の持っているキーボードがゲーム向きではないというのもあるかと思いますが、非常に操作が難しい。今までずっとゲームはコントローラーで行ってきた人間なので、移動はジョイスティックと刷り込まれている手では、ボタン(キーボード)を押して移動というのは非常に慣れませんでした。

 肝心のPCの動作ですが、やっぱりカクカクです。カクカクというよりコマ落ちしていると言った方が正しいかもしれません。素早くマウスを動かすと、描画が追いついていないようで、動かしている時の映像は認識不可能なレベルです。

 背景のグラフィックも動きは問題無いのですが、すぐに綺麗には描画されず、少し経ってから解像度が上がるような、明らかにスペック不足な表示の仕方でした。
ですが、基本的な操作(歩行・ジャンプ・射撃など)はすぐに反応するため操作性については問題なさそうでした。(問題なのはプレイヤー)

設定をいじってみた

 このゲームを満足に動かすのは性能的にやはり難しいようなので、映像に関する設定画面でGPUやCPUに掛かる負荷を少し減らす設定にしました。
 具体的には以下の設定です。(各項目の説明は、実際の設定画面に書いてあるのでゲームでご参照ください。)

  • アンチエイリアス 無し
  • テクスチャフィルタリング 異方向性2X
  • アンビエントオクル―ジョン品質 
  • サンウィンドウ範囲 
  • サンウィンドウディテール 
  • モデルディテール 
  • エフェクトディテール 
  • 衝撃マーク 
  • ラグドール 

 設定が完了すると、ロビー画面の動きが少しスムーズになった気がします。
演習場で実際にマップに出てみると、明らかに背景等のグラフィック品質が落ちていますが、映像の動きがだいぶスムーズになりました。しかし、これでも実戦には難しいレベルの状態でした。

 意外といけるのではないかと、少し期待していたのですが時代の流れには敵いませんね。最新のゲームをするには最新の機器が必要なようです。7年前のPCでも、もっと基本性能が良いものであればもっとマシに動くと思いますが、昔の20万のPC性能と、現在の20万のPC性能では雲泥の差があるでしょうから、快適に最新のゲームをプレイするにはやっぱり最新のPCが良いでしょう。

結論 古いパソコンだとやっぱキツイ 

 古いパソコンで最新のゲームをプレイしてみましたが、快適とは全く言えない環境でした。
もしPCゲームを始めてみたいという方は、安く済ませるために中古PC等を考えている方もいるかもしれませんが、安物買いの銭失いにならないように気を付ける必要があると思います。

 あと、コントローラーで慣れている人間はキーボード・マウスでのゲームが全くできないということがわかりました。。。(自分だけかも?)