Googleフォト icloud 写真を保管するならどっちがおすすめ?【比較】

 クラウドサービスへ写真を保管する方は多いと思います。

今回はGoogleフォトとiCloudの比較を写真を保管するならどちらが良いのかを比較します。

目次

そもそもクラウドサービスとは?

 クラウドサービスとはインターネット上にデータを保管するサービスです。

 クラウドサービスにデータを保存をしておけばインターネットさえ繋ぐことができる環境であれば、世界中のどこに居ても、どんなパソコンやスマホでも保存した同じデータを見ることができます。

 実際にはデータはGoogleやAppleが保有しているデータセンターという、データを保管するための施設に保管されています。

 そのため、重要なデータなどは自分のPCのみに保管しているとPCが壊れた際にデータも無くなる可能性がありますが、クラウドサービスにアップロードしておけばデータが消える心配もなく、新しくPCを買ったとしても以前のPCと同じように作業することが可能です。

GoogleフォトとiCloudの比較

 GoogleフォトとiCloudの比較表です。

GoogleフォトiCloud
料金15GBまで無料5GBまで無料
画質節約画質と
元の画質を選択可能
元の画質で保存
専用
アプリ
ありなし
GoogleフォトとiCloudの比較表

 それぞれ特徴があるため、自分に合ったものを使用する必要がありますが、単純にこの表だけを見るとGoogleフォトの方が良く見えますね。

それぞれの特徴を紹介していきます。

Googleフォトの特徴

 Googleが多数運用しているクラウドサービスの中でも写真に特化したサービスになります。

 Googleのアカウントを持っていれば誰でも利用ができ、Googleアカウントを作成すると割り当てられる15GBの容量内で有れば無料で使用することができます。

 スマホ用にアプリもあり、スマホ内の写真・動画データを自動でバックアップしてくれる機能もあります。

Googleフォトの容量

 Googleアカウントを作成すると無料で割り当てられる15GBが無料で使用できる範囲となります。

 この15GBはGメールやGoogleDriveに保存した写真以外のデータも入りますので、実際には写真だけに使用できるのは15GBよりも少ないデータ数となります。

 もし15GB以上使用したい場合には、GoogleOneというサービスがありますのでそちらを検討してみてください。

Googleフォトの画質

 Googleフォトは画質が落ちるとよく聞きますが、保存される画質の劣化は設定によって異なります。

 Googleフォトには、画質を少し下げて容量を削減する「保存容量の節約画質」という設定と、元のデータのまま保存する「元の画質」という設定があります。

 正直、保存容量の節約画質でもスマホなどで見るレベルなら気になりませんが、写真にこだわりある方や拡大して使用する予定の画像など高い画質が必要な場合は元の画質の設定で保存する事をオススメします。

 ただし、元の画質で保存すると容量を多く消費してしまいますので、保存枚数と画質のどちらを優先するか考えてみると良いでしょう。

Googleフォトのアプリがある

 Googleフォトにはスマホ用アプリがあり、クラウド上へのアップロードやクラウド上に保存された写真のダウンロードが可能です。

 Androidの場合はGアカウントで連携ができますし、iPhoneであればこの専用アプリを使用すれば自動で写真のバックアップをすることができるので便利に使用できます。

iCloudの特徴

 iCloudとはiPhoneで有名なAppleが運用しているクラウドサービスです。

 こちらは写真に特化しているわけではなく、様々なデータを保管するサービスの総称となります。

iPhoneなどのApple製品を使用しており、設定さえ行えば電話帳データやメモ帳などもiCloudに自動バックアップし端末間での共有をすることも可能です。

iCloudの容量

 AppleIDを作成すると割り当てられる5GBが使用可能です。これもGoogleフォトと同様に同じアカウントでiCloudを使用している全データを合計するので実際に写真に使用する容量は5GBよりも少なくなります。

 もし5GB以上使用したい場合は「iCloud+」という有料プランがあります。

iCloudの画質

 iCloudではiPhoneなどで撮った画像を元のデータのまま保存します。そのため容量は使ってしまいますが、綺麗な写真をクラウドに保存することができます。

 iPhoneなどの端末内の画像は圧縮したデータにしておいて、クラウドに高画質な元データを保管しiPhoneなどのデバイス容量を節約する機能もあります。

iCloudのフォトアプリは無い

iCloudにはスマホ向け専用アプリはありません。

 というのも、iCloudは本来iPhoneやMacなどのApple製品と連携をしてバックアップを取るためのものだからです。

Apple製品を使用していれば連携機能は非常に強力に使用できるのですが、Android端末などからiCloudを利用する場合はWebからログインして使用する必要があるため、Googleフォトと比べると利便性の面で劣ります。

どっちが良い?

 画質についてはどちらも「元データ」をアップロードする機能がありますので、その設定にすればどちらも変わらない状態になると思います。

 容量については比較するとGoogleフォトだと思いますが、Apple製品を使用している場合には連携機能が強力なiCloudは捨てがたいです。パソコンもMacを使用しているのであればiCloudが良いでしょう。

 iCloudとGoogleOneの比較になりますが、こちらで有料プランの料金なども含め詳細に解説していますのでご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

26歳の男性会社員です。
工場作業員勤務→専門学生→IT企業勤務を経て、現在小さな会社の工場で品質管理の仕事をしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次